幅広く種類のある性病を紹介

性病について説明する女性

性病は、性行為や性行為に準じた行為による感染経路が最も感染患者の多い感染症です。
性病の種類毎に発症原因や症状及び感染経路などが大きく異なります。
性病は、感染と同時に発症する事が少なくある程度の潜伏期間を経て発症します。

潜伏期間も2日間~3週間程度と性病の種類によって大きく異なり、性病の種類や性別及び免疫力の強さなどの体質によって感染後発症しなかったり、発症してもいつの間にか完治してしまうなどの違いがあります。
男性の性病患者は、外部生殖器や外部生殖器周辺に痒い水ぶくれや痛い潰瘍などの症状が現れ、発症原因となる病原が尿道で繁殖する事から尿道炎に加え、前立腺炎や精巣上体炎などを発症します。
泌尿器官と生殖器官が同一器官の男性は性病によって発症原因を尿によって洗い流され感染しても発症しなかったり、発症してもいつの間にか完治している性病もあります。

女性の性病は、男性の感染患者の様に外部生殖器や外部生殖器周辺に痒い水ぶくれや痛い潰瘍などの症状が現れる患者に加え、膣や子宮頸管部の粘膜で繁殖した病原が引き起こす膣炎や子宮頸管炎の臭いおりものや不正出血などの自覚症状を認知する感染患者もいます。
しかし、女性の性病患者の大半は自覚症状が無く放置される事が多く、感染及び発症に気付かず放置した事で病原が上行感染してしまい、不妊症の原因となる卵巣炎や卵管炎を発症する事も少なく無いのが現状です。

女性は、泌尿器官と生殖器官が分離している事から性病の種類に限らず男性よりも感染及び発症しやすい傾向にあります。
男性の感染患者に比べて発症初期の自覚症状を認知出来る感染患者が少なく重症化リスクが高いのが特徴です。
また、卵管や卵巣は、軽度の炎症で発熱や強い痛みなどの自覚症状を発症する事が少なく、発症に気付かず骨盤内腹膜炎や肝周囲炎などの重篤な疾患を併発する事があります。

女性の性病の中には、子宮の感染期間が長いほど子宮ガンや子宮頸ガンの発症リスクを高める事があります。
女性は、種類にかかわらず性行為時の痛みや臭いおりもの排出などの症状に気付かない事が多いので、自覚症状の有無にかかわらずパートナーと揃って定期的に検査を受ける事が好ましいとされています。

性病にはどんな種類がある?

性病は、30種類以上の発症原因があり、代表的な発症原因にはウイルスや細菌、原虫があります。
ウイルス性の性病は、人間の細胞に侵入し遺伝子情報を書き換える事により感染細胞の増殖に必要なタンパク質などを製造させ増殖し、増殖過程で細胞毒を分泌し炎症や細胞破壊を引き起こします。
ウイルスは、感染細胞由来の基質で増殖し増殖時に感染細胞の細胞膜を外膜としてしまう種類もあります。
感染細胞の細胞膜をまとった事により感染患者の細胞との親和性が高くなり神経節の神経細胞に潜伏感染する事もあります。

ウイルス性の性病には、神経終末から侵入すると共に神経細胞の核で一生涯DNAを複製し増殖する種類のウイルスがあり、現在では神経細胞をターゲットとする遺伝子治療への転用が研究されています。

細菌性の性病は、ペプチドと糖が幾重にも重なった糖鎖構造のペプチドグリカンを主要な構成基質とする細胞壁を細胞膜の外層に持つ原核生物が発症原因であり、ウイルスと同様に感染細胞内で増殖して全身に拡散します。
しかし、細菌性の性病の中には、感染細胞内で細胞毒を分泌しない封入体を形成するだけで無く増殖スピードが非常に遅く、免疫機構が正常に機能し難い性病もあります。

治療には、DNAポリメラーゼやDNAジャイレースなどのDNA複製をサポートする酵素の働きを阻害する抗生物質が処方されています。
原虫による性病は、酸素を嫌う嫌気性の単細胞の寄生生物の寄生が発症原因であり、尿道や膣の粘膜に寄生し増殖を繰り返します。
ウイルスや細菌の様な組織への侵入性は無く粘膜表面でシストを形成する事無く増殖します。
その為、泌尿器官と生殖器官が同一の男性は排尿によって原虫が洗い流される事もある性病です。