性病によっては自然治癒が期待出来るものもある?

性病の自然治癒について考える女性

性病は色々な種類が存在しますが、自然治癒しないものが多いものの、中には自然治癒するものもあります。
逆に一度感染すると病院で治療しても完治不可のものも存在します。
性病に感染するまで種類が判別できないため、性行為をする時は男女ともに性病に感染しないように予防する事が必要です。

人間自体にある程度の治癒力があり、薬を使用する事で人間の持っている治癒力を倍化させ、大きな病気でもある程度は治るようになります。
通常のケガでも軽いものなら自然治癒しますが、重症の場合は病院で治療を受けて治します。
性病の場合もごく軽度のものなら自然治癒しますが、ある程度のレベルになると病院で薬や点滴を使用する事になります。

同じ性病でも自然治癒できるものとそうでないものがあり、例えばカンジダが良い例です。
ごく軽度なら放置で治りますが、強い痛みがあったり、おりものが異常に多い場合などは放置すると悪化します。
このように見極めも重要になってきます。

性病にかかっても初期段階では症状がないものもあり、症状がない状態で自然治癒して全く本人は性病になってた事すら気付かなかったという事もあります。
症状がない状態でも何らかの性病にかかっていれば、その時期に性行為をすると本人が知らない間に他人に性病を感染させている事もあります。
体に痛みや痒みが出てくるようになると、症状が進行している事が多く病院の診察を受ける方が無難です。
何らかの症状が出た段階で病院へ行く分には治療扱いとなるため、保険も適用され金銭面ではそんなに負担はかかりません。

自然治癒する性病も存在するものの、特に体に痛みが出ている場合は自然治癒を待つより、病院に行って診察を受けた上で必要な薬を貰う方が早く治ります。
また、治るのが早ければその分だけ痛い思いをしなくてすむ分、自分自身のためにもおすすめです。
病院では問診と簡単な検査で自分がどんな種類に感染しているのかも分かり、精神的にも楽になります。

性病を放置するとどうなる?

症状がない性病にかかっている場合は、自分でも感染に気付かないため自然治癒を期待する事になりますが、痛みや痒みといった症状が出ているのに放置すると、どんどん悪化し色々なリスクが生じます。

夫婦やカップル等もパートナーがいる場合、パートナーに感染します。
特にパートナーが性病になっていない場合や治療中にさらに感染させてしまうと、信用関係に関わってくるため危険です。

性病に感染するとどの種類でも基本的に炎症を起こし、男性の場合は尿道炎から精子の通り道の閉鎖につながり最終的には無精子症となり、女性の場合は子宮内膜炎や卵巣炎になり、不妊症につながります。
性病の種類によっては、放置することによってガンなどのその他の病気を誘発するリスクも存在します。
無精子症や不妊症になると将来子供が欲しくなった時に影響してきます。
その他の病気にかかってしまうと、性病とは別に治療しなくてはならなくなるため、時間とお金もかかりますし痛みを伴うものの場合、自分自身に一番苦痛が来ます。

最悪の場合のリスクとして死亡のリスクが存在しますが、性病に感染してすぐに死ぬ種類のものはありませんが、長い期間放置することにより、肺や肝臓や脳などの色々な所に病原菌が来て最終的に死亡します。
実際に性病に感染した時、病院に行かない事には自分がどんな種類のものに感染しているのかが分からないため、放置は悪化のリスクを高める原因になりよくありません。

症状の出る性病でも、自然治癒が期待できるものもあるため、自然治癒が期待できる種類の場合は医師が薬で治すかどうか等を聞いてきます。
運良く自然治癒が期待出来る種類なら次から感染を予防する事が大切ですし、逆に運悪くずっと薬を飲まないといけない種類の性病に感染してしまった場合は、完治は無理でもそれ以上病状を悪化させない事が大切です。
どのような場合でも他人にうつさない思いやりの心が必要です。